団塊世代 男と女のホンネ
上司よりも部下よりも手ごわい妻との一騎打ちにどう向き合うか
荒井ヒロ子
本体 1524 円
ページ数 
発売日 2007/05/31

■概要
親子も、友人も、伴侶も実は30年でひと区切り。
30年経ったら距離感を見直してみませんか?

どこの家族の中でも相性の良し悪しはあるもの。30年も経てば関係も変わります。
中高年になれば、仕事、不倫、家庭不和、薄毛、子供、妻との関係、恋愛など、多岐に及ぶ問題に直面します。
自分がまさにそんなことになったら、問題をどのように解決すればいいのでしょうか?
どのように受け止めればいいのか、どのように終わりにすればいいのか、他人はどのように攻略しているのか、知りたくないですか?
本書は、算命学カウンセラーが自らの経験をもとに、誰もが経験しうる中高年の人生のクライシスを、エッセイ風にまとめた短編集。
人生も終盤を迎えようとしている男女に起こる危機は、一筋縄ではいかないことばかり。
25年間、人を見続けてきた著者が、わかっているようでわかっていなかった団塊世代を迎えた男女のホンネに迫ります。

■主な内容
・ウツの数珠つなぎ———適応障害
  今、あなたは危険な場所にいませんか?
・親指相撲———家族関係の修復
  滅茶苦茶をして生きた時がありましたか?
・ジムに通う男———不遇の時
  もう年だから……とあきらめていませんか?
・禿げても毅然———風貌の変化
 頭が薄くなったから、ずいぶん太ったから……と
 人に会うのを遠ざけていませんか?

・桃花の艶———不倫のツケ
 女心はむずかしいと思っていませんか?
・最後の恋———末期ガン

 今、好きだと言える人が居ますか?
・嫌われ者が得をする———熟年離婚の危機

 ひとりになることを恐れていませんか?
・妻はマリア様———勃起不全

 不満や怒りは、ぶつければ
 発散できると思っていませんか?

・すばらしい夫婦———戦線離脱
 毎日、機嫌よく暮らしたいですか?
・良夫賢夫———夫婦の役割
 妻に何でも頼りすぎていませんか?
・お払い箱———子離れ
 子供が成長してからも、干渉しすぎていませんか?
・老後の住まいはシンプルがいちばん———住み替え
 これからの生活、そのままでいいのですか?
・夫婦たちの舞台裏———座り小便
 妻の小言を、いちいちうるさいと聞き流していませんか?
・ピアノマン———好奇心
 こんなことをしたら笑われる、
 自分には無理……と尻込みしていませんか?
・おしゃれゼミナール———老後のおしゃれ
 おしゃれなんてもう必要ない……と敬遠していませんか?
・人生大学院———死後の世界
 あの世は本当にあるのでしょうか?

 

著者プロフィール
1948年生まれ、横浜出身。
幼少時より目に見えないものを察知し、何が起きるかを予測する能力を持っていたため、学生のころから人々の相談にのっていた。国立音楽大学を卒業後、企業や私立学校の制服、ロゴマークのデザイン、また警視庁のポスターなども手がける。32歳で事務所を設立。独学で始めた算命学を用いたカウンセリングはファンが多い。


次のページ
Copyright © 1978-2017 HINODE PUBLISHING co., ltd. All Rights Reserved.