ABBA『マンマ・ミーア!』への道
カール・マグヌス・パルム
本体 4700 円
ページ数 
発売日 2002/12/22

アンデシュ・ハンセル 写真 蒲田耕二 訳



ミュージカル『マンマ・ミーア!』の ハッピーな結末。
それはアバ自身が描いていた 夢だったのかも知れない。


世界を席巻した伝説のポップグループ、 アバの真実の物語

数々のヒットナンバーが聞こえてくる もうひとつの『マンマ・ミーア!』。


ポップスで一世を風靡した70年代から、ソロアルバムやミュージカル制作を中心とした80年代を経て、ミュージカル『マンマ・ミーア!』の大成功につながる日を、また2組の愛し合うカップルが、やがてそれぞれの生き方を見つけるまでを丁寧に描く。  
著者はアバ研究の第一人者であるカール・マグヌス・パルム、未発表を多く含む400点以上の写真はアバの友人であり写真家のアンデシュ・ハンセルが撮影。

■目次
●序言 ●序章  ●私はあなたの音楽、あなたの歌  ●ちょっぴりロックを利かせれば、何もかもがいい感じ  ●夏の風は優しく、暖かかった  ●話したくない、過ぎたことは  ●ほほ笑み、楽しみ、気分はナンバーワン  ●シャンペンは尽き、花火は消えた  ●ホバの証人:フルスピードで走れ!  ――アバとスティーグ・アンデション  ●会っておしゃべりでもしませんか  ●悪いのは君じゃない、僕でもない  ●私たちの一方が泣いてる  ●世間が大好き、彼女はそんな女  ●私は激情の女  ●ほら見て、私戻ってきたわ  ●そして、終わりの日は来た  ●いつものように、8時に家を出たはずよ  ●こっち向いて、笑ってと、みんなが命じる  ●もうだめ、壁が崩れる  ●これが物語の結末、さよならの時  ●温度は上がり、熱狂へ  ●私たちはチェスを売りにやってきた  ●ファンタジーが私を輝かせる  ●ここから先は、それぞれの道  ●私の幸せを歌え  ●私の愛する世界が死んでいく  ●ゴールドの夢は果てしなく  ●私には歌がある  ●どうしてあなたに抵抗できよう


章タイトルは全てABBAとABBAにゆかりのある歌の歌詞。著者カール・マグヌス・パルムがひとつずつ丹念に選んだ歌はレアなものがいっぱい。章タイトル以外にも写真のキャッチコピーとして散りばめられています。


次のページ
Copyright © 1996-2017 HINODE PUBLISHING co., ltd. All Rights Reserved.