コートインサイド

カリフォルニアの海が教えてくれた
ダニエル・デュエイン(著) 東 理夫(訳)

本体 1900円 | 発売日 1998/12/18


 




Contents


概要
都会での生活を捨て去り、サンタクルーズで念願の海辺での生活を始めた一人のサーファーが、カリフォルニアの神々しい海で体験した自然の神秘、そして波に乗ることの意味とは?

社会をドロップアウトし、カリフォルニアのサンタクルーズで海辺の生活を始めた一人のサーファーの1年間。自分が見つけた〈ポイント〉に対する愛情、サーフィンを通して出会った仲間たちの光と影、地元の人たちとの触れ合い、周辺の環境や海の中の生き物たち、刻々と変化する海の様子、といった日々の生活が克明に綴られている。彼がカリフォルニアの波に乗ることで知った大切なものとは?


主な内容

第一章:海辺へ
第二章:クロニクル
第三章:サンクチュアリ
第四章:ダナ、メルヴィル、ロンドン
第五章:ヴィンスとの出会い
第六章:サーフボード
第七章:海の殺し屋
第八章:嵐
第九章:波
第十章:サーファーの孤独
第十一章:はかない永遠
第十二章:宇宙からの贈り物
第十三章:波の旅人


第十四章:ノスタルジア
第十五章:ルール

第十六章:プレイ
第十七章:ウォーターマンの宿命
第十八章:サーフィン・ウィドウ
第十九章:傷
第二十章:終わらない夏
第二十一章:ビッグウェーブ


第二十二章:ポイント
第二十三章:失意の放浪者
第二十四章:心の聖域
第二十五章:水の宣告


本文中に登場するサーフィン用語解説


著者プロフィール

ダニエル・デュエイン

1967年生まれ。カリフォルニア州サンタクルーズに暮らし、執筆活動とサーフィンを続けている。本書の他に『Lighting Out A Vision of California and the Mountains』『Looking for Mo』などの著作がある。また、ロサンゼルス・タイムス・サンデー・マガジンやサンフランシスコ・エグザミナー、アウトサイド・マガジン等にも作品を発表している。


訳者略歴

東 理夫(ひがし・みちお)

1941年、大阪生まれ。作家。音楽評論、ミステリー評論などを経て、85年に『スペンサーの料理』(共著)で、日本冒険小説協会エッセイ賞を受賞。翌86年、『あの車に逢いたい』で小説家としてデビュー。アメリカ文化、音楽、食と、さまざまな分野で執筆活動をしている。近著に『1912年オリンピック、あの夏の男たち』『ケンタッキー・バーボン紀行』などがある。




Related関連商品のご紹介



書籍・ムック一覧


Topicsトピックス




OFFICIAL SITE公式サイト



SNS公式アカウント





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.