劇団四季musicals

浅利慶太とロイド=ウェバー
安倍 寧

本体 3680円 | 発売日 1996/10/ 1


 




Contents


安倍君ほど四季のことを 知りつくしている人はいない。
――浅利慶太氏

この一冊で、劇団四季ミュージカルのすべてがわかる。きょう一日でブロードウェイとウェストエンドの通になれる。劇団四季と浅利慶太のもっとも近くにいる著者、安倍 寧が、四季ブームの実体に迫り、その秘密を解き明かす。未発表のものを含む絢爛たるステージ・フォト143枚!



■目次
ミュージカルの森のなかへ

『美女と野獣』は“夢と魔法の王国”からやってきた

●ティム・ライス対談 わが伴走者たち ロイド=ウェバー/アラン・メンケン/ エルトン・ジョン

ミュージカルの森のなかへ


ロイド=ウェバーとの邂逅(であい)
『ジーザス・クライスト=スーパースター』を 生み出したふたりのイギリス人
『ジーザス』はアンドリューとティムの “ドリームコート”だ
サンプラザからドミニオン劇場までの道程(みちのり)
『エビータ』は『ジーザス』の双生児だ
『キャッツ』は「子猫ちゃんのコーラスライン」 ではないのだ

ロイド=ウェバーとスピルバーグの不思議な関係
『オペラ座の怪人』はミュージカル界の“怪人”だ
『アスペクツ オブ ラブ』  ロイド=ウェバーが編んだ音のタペストリー
ヨセフは“夢”を満載した総天然色のミュージカルだ!
めくるめく新作見本市
新作『サンセット大通り』の開幕
ビリー・ワイルダーとアンドリュー・ロイド=ウェバー  『サンセット大通り』をめぐって
ロイド=ウェバー、この劇的音楽の探究者
われらが時代のただひとりの音楽劇作曲家


ブロードウェイとともに歩む

永遠の“青春神話” 『ウェストサイド物語』は受難のうちに誕生した
「“オペラ的な”罠」あるいは 『ウェストサイド物語』の音楽的一側面
『コーラスライン』の私小説的手法
亡きマイケル・ベネットへの贈り物  浅利慶太と語る
『クレイジー・フォー・ユー』万歳! アメリカ万歳!
失われしボーイ・ミーツ・ガールを求めて

●キャメロン・マッキントッシュ対談 ミュージカル製作の奥儀はどこに


浅利慶太のすべて


●浅利慶太ロング対談 「恥ずべき崇高さ、偉大なる屈辱」


ほか




Related関連商品のご紹介



書籍・ムック一覧


Topicsトピックス




OFFICIAL SITE公式サイト



SNS公式アカウント





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.