Safari Editor's Column

今季はなぜ短丈ブルゾンなのか?



なにを今さらと思うかもしれないけど、とにかく秋に着るべきアウターは短丈ブルゾンで決まり。正直、これ以外にないと言ってもいい。そもそも短丈ブルゾンは、西海岸カジュアルの秋の着こなしにはず~と前からマストハブなアイテム。Gジャンやライダース、フライトジャケットなどはお馴染み中のお馴染み。アイテム名を聞いただけで「これって定番でしょ?」と思うのは無理もない。だったら、なおさらどうして? 確かに。ところがそうであっても、今季短丈ジャケットを推すにはワケがあるんです。

一番の理由は、選べるバリエーションがかつてないほど増えているってこと。ニューフェイスとしては、トラックジャージ。これはいまやセレブも大好物のシロモノで、お気軽なうえにデザイン性がグ~ンとアップ。お洒落着としてこれは台風の目となりそう。それに、今季はモコモコ素材やムートン、スウェード素材が急増。普段見慣れたGジャンやミリジャケ、ライダースなどもそんな素材使いで新鮮顔に。さらにそこにヒネリの効いたデザイイ性の高いものも参入! 果たしてどれを選んでいいのやらって感じで、まさに短丈ブルゾンが大盛況となっているのです。

そして、そんな短丈ブルゾンにフォーカスしたのが『Safari』10月号。上で触った内容は、ほんのイントロダクション。この号を読めば、今季どんな短丈ブルゾンに注目したらいいのかがよ~くわかるようになっています。もちろん、そんな注目株の短丈ブルゾンの旬な着こなしもご紹介。秋のお洒落はスタートダッシュが肝心。今季はどんな短丈ブルゾンでいくか、最新号でひとり作戦会議を開いてはいかが?



Safariサファリ編集部 副編集長 藤原 晃






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.