書籍 Editor's Column

映画『グッバイ・ゴダール!』で話題の アンヌ・ヴィアゼムスキーの 日本初紹介・半自伝的小説



映画監督ジャン=リュック・ゴダールと、その当時の妻となるアンヌ・ヴィアゼムスキーの日々が描かれた映画『グッバイ・ゴダール!』。アンヌ・ヴィアゼムスキーは、女優のみならず、小説家や脚本家としても数本の作品があり、5作目となる『愛の讃歌――愛さえあれば』は弊社より翻訳出版。当時、彼女の著書としては日本初紹介作品でした。1999年に東京国際映画祭への参加と自著のPRのために、フランス大使館の招聘で初来日。『グラン・マガザン』2000年1月号で、本書への思いを語っています。



書籍編集室 室長 小川敦子






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.