Fine Editor's Column

秋冬、Tシャツは重ね着の1アイテムとして大活躍。



ようやく涼しくなってきて、アツい季節をともに過ごしたTシャツとしばしお別れ……というワケにもいきません。 秋冬になると、Tシャツは重ね着の1アイテムとして大活躍。夏に見つけた、はたまたこれから出会うお気に入りの1枚に、どんな服を合わせるかという楽しみ(もしかして悩み?)が待っているワケですから。

10月10日発売の『Fine』11月号ではそんな“TシャツとTシャツに合わせる服”の話題をたっぷりとお届け。写真は“Tシャツをより生かす合わせアイテム”というトピックから「ボーダーTにカバーオールを合わせよう」という提案です。ちょこっと夏を引っ張った爽やかマリンなボーダーTに、カバーオールで武骨さを加えた着こなし。ユルいカバーオールをバサッと着た感じは、なんだか90年代後半を彷彿させますよね。そんな歴史、年代や背景がちらっと見えるものに、グッときてしまう人も少なくないかもしれません。

ちなみに歴史っていうところだと、Tシャツという言葉が初めて印刷物で使われたのは1920年に出版されたフィッツジェラルドの作品だという話があります。主人公が新天地へ旅立つ荷物にTシャツを入れたという描写が“Tシャツ”初登場だという。「さて、このTシャツに合わせる服はどうしようかな」なんて考えたかどうかまでは不明ですが……、こんな話もFine11月号でピックアップしています!



Fine編集部編集長 池上 隆太






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.