Safari Editor's Column

“とりあえずジャケット”ではお洒落が遠のいちゃう!?



ぽかぽか陽気に誘われてちょっとお出かけ。ちょうどこの時季なら、ジャケットを1着羽織って、な~んてことも多いはず。で、ここで質問。そのジャケット、いつもお堅いテイラードジャケットばかりじゃありません? もちろんみなさん大人だし、見た目にきちんと感があるテイラードジャケットは持っていて当然。それをお気に入りのデニムに合わせて上手に着こなせば、それなりにお洒落に見えるのは知っているはず。とはいえ、いつもテイラードジャケットに手が伸びるようじゃお洒落感覚もおカタイものに。特に週末はリラックスするひとときや楽しい趣味や遊びなど、いろんなシーンが待っているわけで……。

 じゃあどうすればいいのかというと、答えはカンタン。TPOやシーンに合わせて、遊び心のあるジャケットを選べばいい。あ、そうそう。ジャケットとひと口にいっても、テイラード以外にもカジュアルなタイプってたくさんある。最新号の『Safari』でご紹介するのは、そんなカジュアルなジャケットの上手な使い方。

 たとえばニットジャケットなんて、最もわかりやすい例かも。デザインはテイラードっぽいけど、なにしろ素材がニット。柔らかくて快適。それにほどよくふんわり感があるから、見た目にもとってもリラックスして見える。それをデニムに合わせると、週末の小旅行なんかにはぴったり、でしょ? ま、これはほんの一例だけど、そのほかにお馴染みのGジャンや注目のカバーオールなども登場。もちろんそれをお洒落に見せる着こなし例もズラリ。きっと春のお出かけには役に立つはず!

 シーン別にジャケット選びさえしっかりしていれば、春の週末がぐ~んと楽しくなるってもの。そのへんをしっかり押さえた『Safari』4月号。是非、お見逃しなく!



Safari編集部副編集長 藤原 晃






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.