大ヒットミュージカル完成までの知られざるエピソードが満載!



脚本・歌詞担当のミヒャエル・クンツェ氏は、本書のインタビューの中で、一つの世界(ハプスブルク帝国)の没落への興味、シンボルとしてのエリザベート、死を恋人にするアイデア、物語を語らせる人物、ルキーニ……、といった作品の構築過程を明らかにしています。

音楽担当のシルヴェスター・リーヴァイ氏は、《ママ、何処なの?》《僕はママの鏡だから》《ゾフィーの死》《私だけに》《最後のダンス》《ミルク》《闇が広がる》《愛と死の輪舞(ロンド)》《私が躍る時》《夜のボート》などの名曲がいかにして出来上がったかを披露。

宝塚版・東宝版ともに担当した演出家の小池修一郎氏は、宝塚版の成功や東宝版上演までのエピソード、そして作品の魅力を語っており、いずれの内容もミュージカル『エリザベート』をより深く味わえる情報ばかりです。

ミュージカル『エリザベート』2019がいよいよ開幕します。観劇前の予習に、あるいは観劇後の余韻を楽しむにも、おすすめの一冊です。

この本をチェックする。



書籍編集室 室長 小川敦子






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.