立っても座っても歩いても
ラクなものがいい



年齢を重ねるにつれて、服の選び方も変わってきました。ざっくり言ってしまうと“ラク”な服を着るようになっています。

ラクであればラクであるほど自然体でいられるといいますか……。もちろん、何が“ラク”かは人それぞれですよね。僕の場合は、いつのまにかイージーパンツやウェビングベルトのパンツみたいに締め付けの少ないもの、動いたときに突っ張らないゆるめの服が増えてきました。

人によっては、とにかくストレッチが利いたもの、肌触りがよいもの、汚れたり、傷がついても気にならないもの、はたまたポケットが多くてバッグいらず……だったり。

Fine11月号ではそんな“ラク”でストレスフリーに過ごせる服がテーマです。表紙を飾っていただいた福山雅治さんも、インタビューで「立っても座っても歩いても、ラクなものがいい」なんて語ってくれました。



Fine編集部編集長 池上 隆太






Magazines雑誌



Related関連記事





誌面を撮影し無断でSNSやブログに
アップすることは法律で禁止されています

 

雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行なって、許諾なくブログ、SNS等において公開する行為が目立つようになっています。たとえ気軽な気持ちでネット上にアップされたものであっても、これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。


Copyright © 2019 HINODE PUBLISHING co., ltd.