近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]


近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]

RIO.BREWING & CO.
リオ・ブルーイング・コー [ベルギー・ブリュッセル]

2018-05-10


ユネスコの無形文化遺産にも登録され、根強いファンを持つベルギービール。その魅力は、なんといっても種類の多様性だ。日本の九州より小さい面積の中に200近いブルワリーがあり、1500以上もの銘柄が存在するという。そんなベルギービールに魅せられ、ベルギービール名誉騎士の称号も持つ菅原亮平さんが手掛けるのが、現地で呼ばれていた愛称を冠したリオ・ブルーイング・コーだ。

リオ・ブルーイング・コー
  • [向かって左]
    初陣グリーンティー ダブル
    初陣ダブルのテストパッチとして冬場にベルギーで醸造。キャンディシュガーの代わりに沖縄県産の黒糖を用い、ホップの発酵熟成時にドライホッピングを漬け込むとともに、抹茶も加えている。口当たりはまろやかで、ナッツのような芳しいロースト香の中にほんのりと甘みを感じる。250㎖ 690円
    リオ・ブルーイング・コー
  • [向かって右]
    初陣
    リオ・ブルーイング・コー初のオリジナルビール。日本の食事に合うビール”をモットーに、スパイスは使用せずにすっきりとした飲み口に仕上げている。ベルギー産酵母を使い、瓶内で二次発酵させることによって華やかな風味も実現。キレのよいドライな喉越しはこれからの季節に最適。250㎖ 690円
    リオ・ブルーイング・コー


日本人の口に合わせた
オリジナルビールを
ベルギーから逆輸入!


アメリカ、イギリス、ドイツなど、世界にはビール文化が盛んな国が数あるが、ベルギーはその中でも特別な存在だ。

修道院で造られるトラピストビールや野生酵母を用いて自然発酵させるランビックビールなど、気候的にワインの生産に向いていないベルギーでは中世のころからビールが親しまれ、現在もその種類は豊富で、銘柄数はなんと1500以上。「ビールが好きでなくとも必ず好みの味が見つかる」と言われるほどの多様性があり、2016年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されて話題を集めた。

日本人にもベルギービール好きが多いが、好きが高じてオリジナルを造るに至ったのがリオ・ブルーイング・コーのオーナーで、ベルギービール名誉騎士にも認定された菅原亮平さん。ピンクの象で一躍有名になったデリリウムカフェなど、ベルギービールを主軸にした店を運営する一方で、オリジナルビールの醸造もスタート。特定の醸造所を持たず、ベルギーで親交のあるブルワリーと共同で造るビールがたちまち評判を呼び、今では世界10カ国に輸出されている。

代表作の"初陣"は小麦麦芽を使って、2度ドライホッピングを行うことで日本人好みのフレッシュな味わいに。スパイスを使用せず、食事に合わせやすいすっきりとしたビールに仕上げている。華やかな香りと飲み口のよさを兼ね備えたビールは、まさしく"日白友好"の証しだ。


リオ・ブルーイング・コー
店内で目を引くのが、タップの多さ。ベルギーを中心に常時35種前後のドラフトビールを揃えている。レアな造り手のホワイトビールからフルーツビールまで幅広いラインナップ

写真/川上 守 文/小寺慶子


店 舗 名リオ・ブルーイング・コー
ビストロ・アンド・ガーデン
所 在 地東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウン プラザ1F
電話番号03-3403-0808
営業時間11:00~24:00
休 業 日施設に準ずる










Related関連商品のご紹介



Feature特 集