近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]


近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]

CAMPION ALE
カンピオンエール [東京]

2018-06-08


日本でクラフトビール熱が高まる以前から、全国各地で営まれている英国風パブだが、オリジナルビールを提供する店はいまだ少ない。そんななか、クラシックなパブの雰囲気を醸し、浅草の人々に愛されながら自家製ビールを造り続けているのが、カンピオンエールだ。

カンピオンエール
  • [向かって左]
    ビター
    麦芽の香ばしさにホップの苦みが調和し、しっかりとした飲みごたえを感じられる。イギリスビールの伝統的なスタイルであるベストビターの製法にならって造られていて、日本の一般的なビールより炭酸を抑え、アルコール度数も低めなので、料理とともにじっくりと味わえる。568㎖ 1000円(税込)
    カンピオンエール
  • [向かって右]
    ポーター
    ローストした麦芽の香りと甘みがやさしく広がりをみせる黒エール。18世紀前半にロンドンで生まれた、英国を代表するビールだ。8 〜12℃ぐらいが飲みごろで、グラスを手で温めていると、徐々に変わっていく香りや味わいを楽しめる。談笑しながらゆっくり飲むのがおすすめ。568㎖ 1000円(税込)
    カンピオンエール


古きよき英国パブの
世界観に浸りながら
本場の味を堪能!


ドイツやベルギーと並ぶビール大国であるイギリスには、パブでビールを飲む習慣が根付いている。パブとは“パブリックハウス”の略で、特に郊外では市民の憩いの場としてなじみ深い。そんな本場の雰囲気を再現したマイクロブルワリーが、浅草の路地にひっそりとたたずむ。

イギリス人オーナーのジェームス・ウィリアムスさんが育ったのは、ロンドンの南西に位置し、歴史あるパブが立ち並ぶサリー州。そうした背景もあって、クラシックなイギリスの空気と近しい、情緒あふれる浅草の地に店を構えたそうだ。英国流スタイルにこだわり、麦芽とホップはイギリス製を使用。全体的にアルコ ール度数を低めに抑え、炭酸も弱めに仕上げている。フードも英国パブでポピュラーなメニューが中心だ。醸造所とスタンディング中心のバーを併設した1階と、 ダイニングエリアの2階に分かれ、テーブルや椅子もイギリスから輸入したアンティーク品に統一している。1人で立ち寄るのもいいし、気の置けない仲間と楽しむのにも合うアットホームな空間だ。

ここではビターとポーターの定番2種に加え、季節やイベントに合わせた特製ビールを醸造。フルーツやスパイスを使った季節限定ものは実にバリエーション豊かで、過去には浅草の三社祭をイメージしたビールも造ったのだとか。浅草の街に不思議と調和したこの店で“小旅行気分”を味わってはいかがだろう?


カンピオンエール
カウンターから見えるタンク。無濾過のためサーバーに直接繋がれ、新鮮なビールが提供される。ボードには甘みや苦みなどの特徴が書かれているのでオーダーの目安に。奥には醸造中のタンクも

写真/川上 守 文/熊澤菜々子


カンピオンエール
店 舗 名カンピオンエール ブリティッシュパブ&ブリュワリー
所 在 地東京都台東区西浅草2-2-2
電話番号03-6231-6554
営業時間17:00~23:30(土・日・祝12:00~)
休 業 日月曜










Related関連商品のご紹介



Feature特 集