デカすぎず、リアルに買えて、あらゆるシーンで<br/>キビキビ走るクルマが最高!

MINI/CROSSOVER[PLUG-IN HYBRID]


ガソリン×電気のエコな4WDで
街へ、海へと走りまわる!

2018-07-19

  • ミニ クロスオーバー Fine[ファイン]

  • ミニから初めて発売されたPHEV 車として話題を集めている、クロスオーバーのプラグインハイブリッド車。ガソリンと電気の使い分けで環境に配慮したドライブを楽しめるこのクルマは、ハイブリッド特有のスムーズな走りに加え、4WDの力強い足まわりも強みのひとつ。シティクルーズとロングドライブの両方で頼りになる相棒だ。


    エコな走りで
    都会のオアシスへ!



    忙しさを理由に、自然と接する時間が減っていく。都会暮らしのナチュラリストであれば、こうした悩みを抱えている人は少なくないはずだ。しかし、奥の手はちゃんとある。たとえば、広尾にあるレ・グラン・ザルブルに足を運ぶことは、そのひとつ。大きなタブの木の幹を使って建てたツリーハウスがシンボルになったこのカフェは、さまざまな木々やツルが生い茂った緑豊かな空間が自慢。ここで有機野菜をふんだんに使ったランチを味わうひとときは、まさに森林浴そのものといえる。都会のど真ん中にいることが信じられないくらい、心が安らぐのだ。

    そんな都会のオアシスに出かけるときの清々しい気分をよりいっそう盛り上げてくれるのが、ミニから誕生したプラグインハイブリッド車だ。もともと、ガソリン車とディーゼル車が存在したクロスオーバーをPHEV化したこのクルマの持ち味は、状況に応じてエンジン車とEV車、2つをミックスしたハイブリッド車という3つのタイプを使い分けられることだろう。ロングドライブでは、エンジンとモーターを併用するハイブリッド走行“オートeドライブ”が理想だが、街をクルーズするだけならガソリンを使 わないEV走行“マックスeドライブ”で、エコな走りを楽しむこともできる。どちらの走行モードでも、発進はシフトチェンジがいらないモーターが担うため、走り出しの加速はエンジン車とは比較にならないほどスムーズ。そのため、ストップ&ゴーの多い街乗りでストレスなく走ることができる点も、街クルーズの心地よさを底上げする要素といえる。

    ちなみにEVのみで走れる距離は、フル充電の状態で42.4km。道路状況やエアコンの使用などで短くなることもあるが、万が一充電量が心配になってもガソリンを使ったエンジン走行にスイッチひとつで変更できるので、とっても安心。充電しながら走っているうちに、バッテリーが溜まってきたら、またEV走行に戻せばいいのだ。環境にもドライバーにもやさしい走りに身をゆだねながら、緑に囲まれた隠れ家に繰り出す。自然派にとっては、まさに至福の時間といえるだろう。


    ミニ クロスオーバー Fine[ファイン]

    PHEV 車のアイコンとして、プラグをモチーフにしたイエローバッジを両サイドとリアに配置。ひと目でミニとわかる外観を継承する一方、外まわりにLED デイライトリングを加えたヘッドライトがスポーティさを醸し出す

    車名等MINI / CROSSOVER[PLUG-IN HYBRID](COOPER S E ALL4)
    パワーユニット1.5L 直列3気筒 ミニ ツインパワーターボ
    総排気量1498cc
    駆動方式4WD(前輪:エンジン、後輪:モーター)
    トランスミッション6速AT
    乗車定員5人
    車両寸法全長4315×全幅1820×全高1595mm
    燃料・燃費ハイオク・17.3km/l(ハイブリッド燃料消費率・JC08モード)
    EV走行航続距離42.4km


    自然と一体になれる休日の相棒は エコだけでなく、走りもイケる!



    ミニのクロスオーバーが強みを発揮するのは、決して近距離のドライブだけに限らない。いわゆる電気自動車にはまだまだロングドライブに不向きな車種も多いが、プラグインハイブリッドならその心配は無用だからだ。エンジンとモーターを使ったハイブリッド走行に切り替えれば、近県のサーフポイントに出かける長距離ドライブやアウトドアなども難なくこなせてしまう。万が一、充電量が心配な場合でも、バッテリーを切ってエンジンで走行すれば、走りながら充電することもできるので安心だ。

    また、ハイブリッド走行というとマイルドな乗り味を想像してしまいがちだが、実際に乗ってみるとそのイメージはいい意味で裏切られる。100kmまでの加速タイムは、EVの特性を生かすことで、わずか6.8秒という従来のSUVとは別次元の速さ。しかも、このモーターを使った加速は、ダイレクトに力が伝わるため、体感的には数値以上に感じられるのだ。これなら高速道路の合流で、もたつくことはなくなるし、追い越し車線を使って走行車線のクルマを追い抜く際もスムーズ。加えて、走行中はハイブリッド特有のなめらかな走りを堪能できる点も嬉しい要素のひとつとなっている。

    さらにおもしろい特徴といえるのが、駆動方式がドライブモードによって切り替わること。エンジンだけを使えば前輪駆動となり、モーターだけのEV走行にすると後輪駆動に。そしてハイブリッド走行でエンジンとモーターを併用する場合は、走行状況に応じて4輪駆動となる。3つの駆動方式の違いを楽しめることがあまりにも新鮮なので、クルマ好きに拍車がかかるドライバーが増えるかもしれない!?


    • 200Vの電源で充電すれば
      エコ+財布にもやさしい!


      200Vのコンセントを自宅に設置すれば、身近な移動は電気だけでまかなえるので、ガソリンを入れる機会も少なくなる。夜間に充電すれば、100円弱という低コストで充電できるという
    • 電気とガソリンの組み合わせを
      手動で自由に変更する!


      シフトレバー近くにあるスイッチで、ガソリン、EV、ハイブリッドという3つのドライブモードを選択可能。それぞれ異なるドライブフィールのため、気分に合わせて楽しむのも一興だ  
    • 見た目以上に広いので
      趣味クルマとしても活躍!


      分割可倒式リアシートは、前後調整可能。さまざまな使い方ができるので、1275リッターまで広がる荷室を使って遊び道具を積み込める  


    本コラムはFine2018年7月号に掲載されています







    Related関連商品のご紹介



    Feature特 集