近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]


近頃、地ビールがうまくない? | Fine[ファイン]

BREWDOG
ブリュードッグ [イギリス]

2018-08-09


“クラフトビール界の風雲児”の異名をとるブリュードッグ。2007年にスコットランドで20代の若者によって始められたマイクロブルワリーは、今や世界45カ国に製品を輸出する同地域最大のブルワリーに成長した。その軌跡と、個性あふれるスタイルをご紹介しよう。

ブリュードッグ
  • [向かって左]
    パンク IPA
    NZ産ホップのアロマを最大限に引き出した、グレープフルーツやトロピカルフルーツのような香りが持ち味。レシピは2007年のリリース当初からマイナーチェンジされて苦味が抑えられているため、初心者でも飲みやすい。スパイシーな料理や、パクチーを使った料理と好相性。378㎖ 900円(税込)
    ブリュードッグ
  • [向かって右]
    ジェット ブラック ハート ナイトロ
    窒素(ナイトロ)を充填し生まれるクリーミーな泡と、原料のローストモルトに由来するビターチョコやコーヒーのような香りが特徴的。黒ビールとしてはライトな味わいで、誰でも飲みやすい。肉料理と相性よく、ハギスと合わせるのがおすすめ。今夏より缶の販売もスタート。284㎖ 700円(税込)
    ブリュードッグ


反骨精神が魅力的な
スコットランドの
クラフトブルワリー。


パブ文化が根付くスコットランドはビールに対して保守的だが、ブリュードッグは土地柄に囚われぬ革新的なブルワリーだ。創業者のジェームズ・ワットはアメリカのクラフトビールに触発され、「飲みたいビールがないなら自分たちで造ってしまえ」と、2007年に北東部の小さな港町で醸造所をスタートさせた。

クラフトビールブームを追い風に、世界中にブリュードッグの名を知らしめた"パンク IPA"は、採算を度外視して大量のホップを贅沢に使い、そのアロマをあますことなく引き出した看板銘柄だ。NZ産ホップが持つビターグレープフルーツのような香りと苦味を生かした強烈なキャラクターは爆発的にヒットし、11年には2軒目の醸造所を新設。以来、季節限定の銘柄を含んだ多彩なビールが造られるようになり、現在は世界45カ国に輸出されている。ビールの原料は、モルトはすべてスコットランド産で、ホップは銘柄によってさまざまな品種を使い分けるのがブリュードッグのスタイル。16年に発売された人気の黒ビール"ジェット ブラック ハート ナイトロ"には、アメリカンホップが使用されている。

アジア初のオフィシャルバー、ブリュードッグ 六本木には、本国から低温コンテナで輸送されるドラフトビールが常時10種以上。パンクロックのような反骨精神とこだわりがたっぷり詰まったさまざまなビールを、心ゆくまで楽しみたい。


ブリュードッグ
味わえるのはゲストビールも含めた20種のタップだけでなく、ボトルや缶も豊富。季節限定ビールはデザインも凝っていて、ラベルに表現された遊び心を読み解くのも楽しいから、ジャケ買いもアリ!?

写真/川上 守 文/小松めぐみ


ブリュードッグ
店 舗 名ブリュードッグ 六本木
所 在 地東京都港区六本木5-3-2 齋藤ビル1F
電話番号03-6447-4160
営業時間7:00~24:00(土・日・祝15:00~)
休 業 日不定休










Related関連商品のご紹介



Feature特 集