Safari Online ダイジェスト


“Lamborghini GIRO JAPAN 2017 Osaka”に同行取材!
〈ランボルギーニ〉だけのドライブツアーってどんな感じ?


2017.10.02

  • Lamborghini GIRO JAPAN 2017 Osaka

  • クルマ好きにとって週末のドライブは、愛車と触れ合える最高のひととき。「あ~、やっと乗れる~♪」と愛車に近づくだけで、心ウキウキ。もちろん走り出せば、愛車との対話がスタート。走りに夢中になりつつも、「このひとときがずっと続けばいいなぁ」な~んて思うのは、クルマ好きなら誰でも身に覚えがあるだろう。

    8月5日(土)~6日(日)の2日間にわたり開催された“Lamborghini GIRO JAPAN 2017 Osaka(ランボルギーニ ジーロ ジャパン 2017 オオサカ)”は、そんな楽しい思いをみんなで分かち合おうと、〈ランボルギーニ〉オーナーを対象に企画されたドライビングツアー。

    そもそもこれと同様のツアーは、イタリアや中国など、すでに世界各地で開催されていたもの。日本では今年7月、名古屋~伊勢を舞台にはじめて実施。そして、今回ご紹介する大阪ツアーは、日本では2度めの開催ということになる。

    ちなみにツアー名にあるGIROとは、イタリア語で“回る”とか“周遊”という意味。その言葉どおり今回のツアーでは、大阪を旅立ち淡路島から香川を巡り、再び大阪へ戻るルートを設定。走行距離も長く、初回の名古屋ツアーでも走行距離350㎞を超える旅だったが、今回はそれを上回る往復500㎞超え。これはかなりのロングドライブだ。


    初日の行程は、大阪を11時に出発し、明石海峡大橋を経由し淡路島へ。そこでランチとクラフト体験を楽しんだ後は、神戸淡路鳴門自動車道に入り、最終的に香川県琴平町にある宿泊施設を目指すというルート。スタート地点となったATCホール広場には、朝から続々と関西エリアのオーナーが駆る〈ランボルギーニ〉が集合。あちらこちらで響きわたる野太いエンジンサウンドを耳にすると、やっぱりこちらも気分が高揚してくる。なんたって、メディア用を含む合計15台の〈ランボルギーニ〉が集結しているのだから、興奮しないほうが無理。参加オーナーにとっても、ツアー参加車両が1台1台と到着するたびにじ~っと眺めては、「おお~!」と歓声を上げていたのだから、よっぽど嬉しいに違いない。そりゃそうだ。普段は1人、あるいはパートナーとともに楽しむ〈ランボルギーニ〉でも、このツアーに参加すれば話は別。同じ〈ランボルギーニ〉好きと愛車談義ができるうえ、旅の思い出を共有できるとなれば、思わず心が躍ってしまうのが本音だろう。








    Feature特 集





    Editor's Column編集コラム